スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会人のための本気の英語学習(5)

社会人のための本気の英語学習(5)
最後のTOEIC受験編

あなたがこのブログを見て、2回以上真面目に勉強をした上でTOEICを受験しているのであれば、そろそろTOEICから脱却した方が良い。悪いこと言わないから。というのもTOEICがあくまで通過点である以上、さっさと通過した方がいいんだ。

既に結構なTOEIC対策本を買い、それに時間も投資している。金銭的には2、3万円分くらいの書籍を購入しているはずだ。これ以上、TOEIC本を買ってもあまり得るものはない。既に購入している本をきちんとやるだけであなたが目指している目標(それが700点なのか、800点なのか、はたまた900点なのかは知らないが)をクリアするのに十分だと思う。

だからこそ、次の受験を最後にした方が良い。試験勉強のために勉強するのは最初のブースターとしては非常に有効だけど、あまりにも期間が長くなりすぎるとだれてしまうんだ。それは予備校に巣くう多浪生を見ればわかると思う。彼らは何のモチベーションもなく、大学受験を毎年行い、予備校にお金を支払い、でも成績も上がらずにのうのうと生きている。TOEIC受験があのようになっていはいけない。だからこそ、自分の中の〆切りをつくるべきなんだ。TOEICはいつでも何度でも受験することができる。それは気軽に参加しやすいが終わり時が見つからないために泥沼にはまってしまうわけだ。

ということで、次の受験を最後にしよう。そこで目標を超えればいい。そのためにはどんなことでもやればいいと思うんだ。より具体的に言ってしまえばハウツー本でも何でも使ってしまえばいいと思うんだ。たとえば一時期流行ったこんなのとか読んでみるといいと思う。とりあえず立ち読みしてみて、良さそうならば購入というのがこの手のハウツー本では鉄則!

       

皆様がTOEICなどをさらっとこなして、コミュニケーションとしての英語のレベルにたどり着けることを期待しております!

社会人のための本気の英語学習(1)はじめに
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-1.html
社会人のための本気の英語学習(2)リマインダーの使い方編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-2.html
社会人のための本気の英語学習(3)TOEIC 1回目の受験後編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-3.html
社会人のための本気の英語学習(4)発音・リスニング編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-4.html
社会人のための本気の英語学習(5)最後のTOEIC受験編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-5.html
社会人のための本気の英語学習(6)その後のライティング編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-6.html

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

社会人のための本気の英語学習(4)

社会人のための本気の英語学習(4)
発音・リスニング編

最近じゃ常識になりつつあるけど、一時期はまったく考えられていなかった勉強法。それが「リスニング対策は発音対策である」という勉強法だ。一時期のリスニング対策としてCDが付いた書籍が大量に売り出された時期があった。みんなも必ず1冊以上持ってると思う。しかし、本当に役立ったのはいくつある?と聞かれて答えられる人は少ないと思う。センター試験でリスニングが入ったときも同様、みんなバカの一つ覚えでCD付きの参考書・問題集が増えたが、これも同じことを繰り返しているだけのように思う。(もちろんないよりはあった方がいいのだけれど…)

そこに楔をうちこんだのが『英語耳』だ。有名な本なので知ってる人も多いと思う。しかし、もっと良い本が出てるので先にそっちを紹介したい。それが『怖いくらい通じるカタカナ英語の法則』だ。これは恐ろしい本だ。英語の教育者でもない池谷さんが自信の苦労をもとにまとめているだけあって、英語が苦手な人にとってはものすごく有用だと思う。だまされたと思って買って欲しい。この本を読んだ後で「water」を「ウォーター」と読む人がいたら死んで欲しいくらいだ。「ワラ」と発音することを知って初めて、自分の発音が間違っていることに気付き、そのためにリスニングができていなかったんだということに気付くんだ。

   

で、リスニングのために発音が非常に重要なことに気付くはずだ。そこで、次はこの本をやってほしい。最初に言っておくが、以下の本をやり終えるのはハッキリ言って困難だ。だから、最初に池谷さんの本を挙げたんだ。最初にこっちをやってしまうと単調すぎてだれてしまうが、池谷さんの本を最初に読んでおくことで、発音の重要性が理解でき、だからこそ以下の単調な本をやるモチベーションが保たれるんだ。(ちなみに以下の本をやることを決める場合『英語耳』は買わなくても何の問題もない)

   
   

正直、TOEIC対策ならここまでやらなくても問題ない。Vol.1からVo.2程度をやればTOEICのリスニングにおいてはそこまで苦労しないと思う。でも、海外ドラマを字幕なしで見るのであれば是非Vol.4までやってほしい。そこまでやり終えたときに耳からの英語インプット能力がアホみたいに向上していることに気づけるはずで、そこからの英語学習が死ぬほど楽しくなるからだ!

社会人のための本気の英語学習(1)はじめに
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-1.html
社会人のための本気の英語学習(2)リマインダーの使い方編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-2.html
社会人のための本気の英語学習(3)TOEIC 1回目の受験後編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-3.html
社会人のための本気の英語学習(4)発音・リスニング編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-4.html
社会人のための本気の英語学習(5)最後のTOEIC受験編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-5.html
社会人のための本気の英語学習(6)その後のライティング編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-6.html

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

社会人のための本気の英語学習(3)

社会人のための本気の英語学習(3)
TOEIC1回目受験後編

まず、何はともあれ『公式問題集』だ。これは馬鹿でかくて若干使いづらいところがあるんだけど、でも公式であることのメリットはそれ以上にあるんだよ。まずTOEICを一つの通過点に定めた以上、TOEICの形式になれなきゃいけない。これは英会話や海外ドラマのDVDを字幕なしで見るってのとは違うものかもしれない。でも、一見遠回りに見えるけど、これはこれで役に立つもんだぜ。ちまちまと学生時代を思い出す形で問題演習しようぜ。

 

公式問題集はごつくてどうしても勉強が週末になりがちだ。日々の勉強、特に通勤中の電車や車の中での勉強には『TOEICテスト出まくりキーフレーズ』が最強だ。これは本当によく出るし、それが単なるTOEIC対策に限らず、日常会話として使えるレベルのものが非常に多い。是非やってほしい。

 

そしてリーディング対策としては下手に大学受験用のテキストを使うくらいならTOEIC対策の問題集をやった方が良い。『新TOEICテストスーパー模試600問』や『新TOEICテスト まるごと模試600問』は定番中の定番だ。これらはやっておいて絶対に損はない。

    

2回目のTOEIC受験に向けて、自分の苦手分野の克服、日々のリスニング、週末の模試を繰り返せば、2回目のTOEICで十分に良い点数が取れると思う。そのためには何よりもまず、自分をコントロールすることだ。海外ドラマのDVDも寝る前に見るのはモチベーションを保のにいいと思う。たまにはTSUTAYAに借りに行こう。

    

社会人のための本気の英語学習(1)はじめに
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-1.html
社会人のための本気の英語学習(2)リマインダーの使い方編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-2.html
社会人のための本気の英語学習(3)TOEIC 1回目の受験後編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-3.html
社会人のための本気の英語学習(4)発音・リスニング編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-4.html
社会人のための本気の英語学習(5)最後のTOEIC受験編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-5.html
社会人のための本気の英語学習(6)その後のライティング編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-6.html

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

社会人のための本気の英語学習(2)

社会人のための本気の英語学習(2)
リマインダー編

(1)では方法論というよりは、どのようにモチベーションを保つかについて記述したので、ここからは個別の内容を細かく書いていきたいと思う。これを読んでいる人は既に「未来メール」や「リマインダーメーラー」、「Googleカレンダー」によって既にリマインダーを入れてくれているはずだ。

え?まだやってない?あとでやる?っていうか「あとで読む」タグだと?
アホか?お前はまだわかってないのか?やる気になったんならいますぐアクションを起こさないとダメだ。一つのアクションが計画のトリガーとなって実行されるんだよ。今すぐリマインダーメールを書こう。

でも、まだ書いてないなら仕方ない。現在が2月20日(土)だとして、今後1年間のメールの計画を立てよう。

●3/1
DVDは1シーズン全部見たか?ちゃんと見ようぜ。本気で英語やるなら今日からTOEICの申し込みが始まってる。Webでも申し込めるんだ。やる気があるうちにやろうぜ。
http://www.toeic.or.jp/

●4/1
DUO 3.0は毎日やってるか?全然覚えられないよな?そんなすぐ覚えられるんなら苦労しないよ。5月に受けるTOEICに向けてなんとかがんばってくれよ。FORESTは3月中に読み終えてるはずだ。もしまだなら速く読み終えよう。理屈はさっさと頭に入れてしまうに限るんだ。

●5/1
今月からは音読パッケージと瞬間英作文をやりはじめよう。本は買ったか?いつか買うじゃ一生買わないぞ。今月末にはTOEIC受けるんだろ?はじめて受けるときはあえてTOEIC対策をせずに、自分の実力でそのまま受けた方が良い。お願いだから受験直前にTOEICの高得点を取る方法なんて本を読んじゃダメだぞ。それは最終手段だ。

●6/1
受けてみたら全然できなかっただろ?いや、できていたなら何も問題はないんだ。でも、できてないところがいっぱいあるはずだ。だってまだリーディングもリスニングも文法だって、TOIEIC対策はやってないんだからな。そんなに気にするな。次は7/25にTOEICの試験がある。もう申し込みは始まってるので早速申し込もう。善は急げだ。そしてTOEIC対策用に公式問題集をそろそろ買うと良い。

●7/1
5月に受けたTOEICの点数が返ってきただろ?何点だったんだ?その点数と理想の点数は何点ずれてる?何が苦手なんだ?リスニングか?リーディングか?まず、自分の低い方を重点的にやるのがいい。80点を100点にするよりも60点を80点にする方が簡単なんだ。それはわかるだろ?


●8/1
TOEICを2回も受験してそろそろ英語の勉強が習慣になってるだろう。最初に英語をやろうって思ったのは2月だからそろそろ半年続いてることになる。そろそろ本格的にTOEICの先を見越した英語力をつけるための参考書や問題集を買うといい。

●9/1
2回目のTOEICが返ってきたと思う。自分の伸び率はどうだったんだ?普通の日本人ならそろそろリスニングの壁にぶち当たっているところじゃないか?そこで戻るべきは発音だ。自分が発音できて初めてリスニングは聞こえるようになるんだ。単調で辛い、しかし実りの多い発音の勉強をそろそろ始めようじゃないか!


●10/4
10/4から今年最後のTOEICの申し込みが始まるぞ。試験日は11/28だ。今年の集大成を見せるために10月は時間を見つけて英語の勉強をきちんとしよう。1回目と2回目の間の伸び率よりも2回目と3回目の間の伸び率が大きくなるよう、今月はきちんと英語を聞き、読み、問題を解くんだ。


●11/1
ついに今年最後のTOEIC試験の月だ。ここからはなりふり構わず良い点を取りに行こうぜ。ハウツー本?使えばいいさ。なんでもいいから得点をもぎ取りに行くんだ。これまで半年以上、真面目に勉強してきてるんだ。急に思いつきでTOEIC受験を考えてハウツー本を読むようなライフハック野郎とは違うはずだ。きちんと勉強してきたからこそ、ハウツー本を最後に使うことが許されるんだ。TOEICはできれば今年で受験するのを終わりにしたい。ダラダラ受験はだめだ。これが最後のチャンスと思って、死ぬ気でやれ。

●12/28
今年最後のTOEICの結果はどうだった?最初に比べてどれだけ伸びたんだ?今年は社会人になって英語を本気でやった最初の年と胸を張れる結果か?では2011年の目標を立てようぜ。そして、立てたらすぐに2011年の毎月の自分にメールを送るんだ。どんなに忙しくても毎月1回、自分から目標をたたきつけられれば人間がんばれるもんだ。来年もがんばろう。

社会人のための本気の英語学習(1)はじめに
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-1.html
社会人のための本気の英語学習(2)リマインダーの使い方編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-2.html
社会人のための本気の英語学習(3)TOEIC 1回目の受験後編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-3.html
社会人のための本気の英語学習(4)発音・リスニング編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-4.html
社会人のための本気の英語学習(5)最後のTOEIC受験編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-5.html
社会人のための本気の英語学習(6)その後のライティング編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-6.html

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

社会人のための本気の英語学習(1)

はてなでホッテントリ入りしたので、ブログでもう少し細かく説明するぞ!
社会人のための本気の英語学習法 社会人のための本気の英語学習法


そろそろ2010年も6分の1が終わろうとしているぜ。元日に立てた今年の目標はどうよ?今年こそTOEICで900点?今年こそ海外留学する?そんな目標は日々の生活に追われてすっかり忘れ去ってることだろう。社会人にとって最も重大な敵は日々の生活が忙しすぎることなんだよな。学生の頃はまだ自分が怠惰であることに自覚できる。「オレ(私)はだめなやつだ…」そんな自己嫌悪にも浸ってられるんだ。でも、社会人はそれがどんなにしょうもない仕事の内容であっても、「オレは毎日、仕事をしてるんだ!今日は英語の勉強をしなくてもいいことにしよう。週末にいっぱいやればいいや」って思うことができるわけだ。

そろそろそんな自分をごまかす言い訳とはおさらばしよう。

まず、英語を学習する理由なんだけど、それが昇進に繋がる、とか年収増加に反映される、なんてせこいことを考えるのはやめようぜ。本当に大変なことを行うとき、その先にご褒美が待っているという考え方は実はうまくいかないんだ。日々の仕事ならば嫌な上司ややりたくない仕事もなんとかがんばれるかもしれない。でも、ステップアップやスキルアップである英語学習っていうのは「あれば良いけど、なくても本当のところ困らない」ものでもあるわけだ。そういうなくても本当のところ困らない物っていうのは、それによって年収が100万円上がるよ、というご褒美じゃ人間動けない。これは行動経済学や認知心理学の研究からも明らかで、人は容易い方に流れやすく、勝手に言い訳を見つけてしまう生き物ってことをまず認識しよう。

では、どう考えるべきか。それはもっと子どもの時に戻って、ただ「字幕を見ずに映画を見たい」だとか「海外旅行中に入ったバーやカフェでマスターとぺらぺらおしゃべりしたい」といった、そういうのかっこいいよな、って素直に思えることが重要なんだよ。

次に、回収しなきゃって思うことが重要。上にも書いたように、将来100万円もらえる、と考えてももらわなくても満足な現状で止まってしまうんだけど、先に100万円投資しておけば、死ぬ気でやらざるを得ない。もちろん100万円という金額は大げさだけど、自分が先に痛みを感じておくことが長続きする秘訣なんだよ。

たとえば、以下のようなエントリーがものすごくはてブがいっぱい付いてる。

英語コンプの馬鹿でも投資ゼロでTOEIC900に達するたったひとつの方法
http://anond.hatelabo.jp/20090716175613

これ読んだ人、すごく多いと思うんだけど、じゃあ結局TOEI900点に達したのか?達してない人が9割、いや98%だと断言しても良い。もちろんオレもここに書いてある方法は間違いなくTOEIC900点に達する方法だと思うんだよ。でもね、続かない。ネットで無料でできる。いつでもやれる。これは間違いなく続かない。これ心理。もし、対象が学生で、大学入試のために英語を勉強しなきゃいけないっていうのなら、お小遣い使わせるのかわいそうだし、そもそも彼らは大学入試っていう明確な目標があるからがんばれると思うんだけど、社会人は何度も言うように言い訳がたくさんできるわけ。にもかかわらず、無料でやろうなんてせこすぎ。もちろん無料でやれるほど精神力が強いならこんなエントリー読んでないし、既に英語はTOEIC900点どころか、TOEFL受けて海外の大学で留学してます罠。

だから、学生ならともかく、社会人は必ずお金を使うべき。これはダイエットと一緒。ジムのランニングマシーン使わなくても家の周り走ればいいんだよ、無料なんだから。でも、月会費払うからこそ、毎週火曜日は行かなきゃ!とか思えるわけよ。自分をやらざるを得ない環境に置くことがなによりも重要。



1.将来の自分へのプレッシャー

まずね、今日このエントリー読むじゃん。で、英語やろうとか思うじゃん。で、すぐ忘れるじゃん。で別の英語学習のエントリー読むじゃん、英語やろうとか思うじゃん、以下略の繰り返しから脱却することが重要。その抜け出す方法として、将来の自分へプレッシャーをかける方法をつくろう。

「未来メール」
http://lapule.com/etc/miraimail/
「リマインダーメーラーβ版」
http://www.remindermailer.com/
「Google カレンダー」

未来メールやリマインダーメールでは将来の自分にメールが送れるから、まず今年の3/1, 4/1, 5/1, 6/1, 7/1, 8/1, 9/1, 10/1, 11/1, 12/1の自分にメールを送ろう。「単語の勉強は終わったか?」「TOEIC申し込んだか?」「2回目のTOEICは1回目に比べて何点上がった?」「リスニングちゃんと聞いてる?」とか何でも良い。本当は下に書く勉強法に合わせて、書く内容を決めた方が良いけど、とりあえず送れ。今すぐ送れ。これによって今年は毎月1回、忘れた頃に自分から嫌みが届くようになる。Googleカレンダーの予定に入れるのでもいい。とにかく自分をコントロールしよう。



2.まず単語だとおもうじゃん?
では単語の勉強を開始しようって言いたくなるし、みんなそう書いてあるんだけど、ちょっと待ってくれ。勉強始めるときは「単語から」とか書きたくなるんだけどさ、お前、昨日まで何にも英語とかやってきてないんだろ?で、急に単語帳とか買ってきたら2日で飽きちゃうよ。そういう人って体重計乗った後、やばいと思って急に腹筋とかし始めちゃって、で次の日筋肉痛になって、二度とやらなくなるタイプの人でしょ?まず、英語を勉強しようって感じの雰囲気作りからはじめなきゃ。

そこで、マーク・ピーターセンの『日本人の英語』『続・日本人の英語』を買おう。この2冊で1470円だ。それほど大金でもなく、手軽に買えちゃうだろ?いますぐ書店に走れ。もしくはamazonで買え。

    



3.次にTSUTAYAに走れ。
今度はTSUTAYAに行って、とりあえずおもしろそうな海外ドラマを1シーズン全部借りてこよう。英語がわからないと続きの話についていけなくなると困るから「24」とか「プリズンブレイク」はあまりおすすめできない。できれば1話完結ものがいいぞ。「BONES」や「Numb3rs」はマイナーだが、一話完結なのでちょこっとした時間に見れるのでオススメだ。1シーズン全部借りてくると数千円くらいするよな?これでやっと英語に対するアップが終わる。マーク・ピーターセンの本も読んだし、1シーズン海外ドラマ見れば、なんか英語やらなきゃいかんなーという気持ちになるはずだ。ここまで2月中にやればかなりいいスタートが切れる。

    



4.では単語と文法やるぞ
3月に入ったら単語と文法をやれ。単語は『DUO 3.0』でいいんだよ、こんなエントリー読んで英語勉強しようとか思ってるやつは。もっとレベル高いことやりたい人はもっとレベルの高いエントリーを読んでくれ。上級者向けの英語学習法って他にもいっぱいあるから。まず『DUO 3.0』がきちんとマスターできてること。これが何よりも重要な基礎になるんだよ。だから、これができてないヤツは今すぐやろう。買っても1260円だ。よりお金を使うためにCDも買え。

    

文法は『FOREST』でいい。もし学生時代にきちんとやってる場合は流し読み程度して忘れてる感覚を取り戻すだけで良い。逆に学生時代にきちんと勉強できてない人はゆっくりとやるべき内容だ。大学受験用の参考書だから内容の割に安くて1575円。どんなに文法が苦手だったとしても3月中には読み終えろ。

 



5.頭よりも体を動かせ
本当はリーディングやリスニングをそろそろやりたいんだ。特にTOEICを受験するならなおさら。でもここで、もう人粘りしよう。次に買うべきは『みるみる英語力がアップする音読パッケージ』『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』の3冊だ。
        

でもこの3冊をまじめにやろうとすると2~3ヶ月はかかる。たぶん力尽きるならこの時期だ。でも、これまでに1万円ほど使ってるだろ?結構な時間を英語に割いてきたはずだ。ここで止めるともったいない。その気持ちで乗り切ろう。

この3冊は内容自体はものすごく簡単だ。たぶん今見ても意味が取れない英文はほとんどないんじゃないか?でもそれを音読しようとしたり、瞬間的に頭から出そうとする訓練をしたりするとまったくできない自分に気がつくはずだ。日本人は座学で英語を勉強しすぎているため、理屈で英語を考えようとする。文法はその最たる例だ。だからこそ、FORESTで頭に入れた理屈を理屈として考えながら出すんじゃなくて、自然に出てくるまでこの3冊をやるといい。体で覚えるんだ。これは理屈としての文法が不要だと言ってるんじゃない。むしろ逆だ!でも理屈だけにするのはもったいないから、瞬間的に声で出せるのが重要なんだ。

 



6.何が足りないのかを自覚しよう
はっきり言ってこの段階まで来れれば次に何の教材をやろうと何の問題もない。ネットでそこそこ良い教材を調べて買えばいいんじゃないかと思う。でも、勉強ばっかりで飽きただろう。1回TOEICでも受けて、自分に何が足りないのかをチェックすればいいんじゃないだろうか?そうすればそのために必要なことが何かを自分の頭で考えて対策を立てることができる。TOEICで高得点が取りたい人は『公式問題集』を、文法問題が苦手な人は文法問題の教材を、リスニングが苦手な人はその教材を買えばいいと思う。

 

今から間に合うTOEICの試験は5/30(日)の試験で申し込みは3/1~4/20だ。
http://www.toeic.or.jp/
まずここを一つのペースメーカーにすればいいだろう。たまに英語の得意な人がTOEICなんて英語力を測定するのに何にも役に立たないって言う人がいる。オレも本心ではそう思う。でも、それとは別の観点として人間が身近な目標がなければすぐにだれてしまうことも知っている。だからTOEICで990点を取ることが目標という人がいれば心から軽蔑するが、TOEICをペースメーカーに仕事をしながら英語の勉強をしていて、行く行くは海外留学をしたいという人であれば心から応援したいと思う。ただ通過点を設定することをそれほどに批判することもないのではないかと思う。

この段階からの教材については社会人のための本気の英語学習(2)で書きたいと思う.

社会人のための本気の英語学習(1)はじめに
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-1.html
社会人のための本気の英語学習(2)リマインダーの使い方編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-2.html
社会人のための本気の英語学習(3)TOEIC 1回目の受験後編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-3.html
社会人のための本気の英語学習(4)発音・リスニング編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-4.html
社会人のための本気の英語学習(5)最後のTOEIC受験編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-5.html
社会人のための本気の英語学習(6)その後のライティング編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-6.html

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

社会人英語学習者

Author:社会人英語学習者
忙しい中での英語学習法を一緒に考えます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。