スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超絶英語の勉強になるおもしろい海外ドラマ ザ・ホワイトハウス

今日は以前1回オススメしたザ・ホワイトハウス(英題:The West Wing)について再度オススメすることにしよう.ザ・ホワイトハウスの何がそんなにオススメできるのか?それを3つのポイントで説明する.

まず,作品としての質が非常に高いこと.エミー賞を4年連続作品賞を受賞しているという売り文句であるが,そういう堅苦しいことを抜きにしても十二分におもしろい.まず,登場人物のキャラが立っているだけでなく,誰しもに悩みや考え事が含まれていて,立体的な人物構成になっている.ともすれば日本のドラマは恋愛ものやヒューマンドラマといったジャンルによってキャラの立て方を変えている(ドラマに合うよう一面的になっている)ことがしばしば見られるが,そんなことはザ・ホワイトハウスではない.非常に明るく陽気な人物もまた,ある小さなことで考え事をしてしまう.支持率があまり高くない大統領は世間ではバカだと思われているが,とても人間味に溢れ,周囲の人間から心から愛されていること.このような点だけでもこの作品を見る価値があると思われる.


2つ目のポイントはアメリカの政治体制についてよく知ることができる点である.なぜなら,日本人にとって大統領制やホワイトハウスの構造,アメリカの政治体制はあまり身近ではないため,意外と知らないことが多いからだ.ホワイトハウスの中で大統領の次,もしかすると大統領よりも偉いポストが何かご存じだろうか?それは首席補佐官である.アメリカは大統領の変化によってホワイトハウスの人事が総入れ替えになるため,政治の内実を知る優秀な人材がシンクタンク,民間企業,大学等に流出し,また別の機会にホワイトハウス内に戻ってくるという人材の流動性が特徴であり,日本の官僚組織のように一度公務員になれば階段を上っていけるというスタイルではない.そのような日本の行政・政治組織とアメリカの行政・政治組織を比較しながら見ることもおもしろいだろう.

3つ目のポイントは英語が異常なまでに早口である点だ.よく考えてみてほしい.ホワイトハウスの内部で大統領とその側近たちがのんびりと優雅な会話をしているだろうか?そんなことあるわけがない.日々刻々と新しい事件が生じ,新しい問題に直面する.みんなはペラペラと用件を高速で伝え,それに素早く返事をする.もちろんジョークを入れることを忘れずに.この早口な英語の中におけるアメリカンジョークはこの作品らしさを最も表しているようにも思える.だって,この会話がとてもおもしろいのだ.ホワイトハウスの広報部に所属し,大統領のスピーチを考える連中の日常会話がつまらないわけがない.

この3つのポイントがザ・ホワイトハウスを見るべきだとオレが考える理由だ.他にも理由はいろいろあるかもしれない.でも,そんなものは見ながら考えればいい.ザ:ホワイトハウスを見ながら英語の勉強をするのも一興.しかしあの愛くるしい連中を見ながら日本の政治体制を憂うことができるのもこの作品の素晴らしいメッセージなのかもしれない.

ちなみにソフトシェル版だとすごく安くなっている!TSUTAYAで借りるのと同じくらいの金額じゃん!

       

       

        

    
スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

英英辞典といえばロングマン

やはり英英辞典といえば、ロングマン現代英英辞典だろう。これ以外の英英辞典も当然あるのだと思うが、ロングマンを使っていて困った覚えはない。そのような意味において、ロングマンの万能っぷりはすばらしい。あとはいわゆる英和辞典と違って紙質が良いことやカラーで見やすいこと、付属のDVDによるポップアップ辞書など至れり尽くせりである。特にポップアップ辞書は相当便利で海外のサイトを見るときや英語論文を読むときなど、様々な場面で役立ってくれる。もちろん知らない単語が出てきたときにネット上でアルクで検索するのも悪くないが、ロングマンの説明を見た方が本質的に理解しやすいだろう。




動画はGoing My Wayさんより。

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

社会人に役立つブログ・ニュースサイトのまとめ

はてブだけを見ているようじゃだめだ。本当に英語に親しむためには英語そのもので自分の関心について情報を集める必要がある。その情報を簡単なものを中心に集めてみた。

●海外SBMホッテントリのまとめ

delicious
http://delicious.com/popular/

digg
http://digg.com/all/popular/24hours

reddit
http://www.reddit.com/


●プログラミング関連の英語記事
Science Dailyのプログラミング関連のニュース
http://www.sciencedaily.com/news/computers_math/computer_programming/

diggのプログラミング新着エントリー
http://digg.com/programming

All Topのプログラミングエントリー
http://programming.alltop.com/

●テクノロジー関連

MIT media labo
http://tangible.media.mit.edu/press-new.php

Technology Review
http://www.technologyreview.com/

The Tech
http://tech.mit.edu/

●ライフハック関連の英語サイトのまとめ

Lifehacker
http://lifehacker.com/

David Allen, Getting Things Done
http://www.davidco.com/

Simply GTD with Kelly
http://www.davidco.com/blogs/kelly/

43 Folders
http://www.43folders.com/

Stepcase Lifehack
http://www.lifehack.org/

GTD Times
http://www.gtdtimes.com/

Did I Get Things Done
http://www.didigetthingsdone.com/

Getting Things Done
http://gtd.marvelz.com/blog/


●経済・ビジネス関連の英語記事・サイトのまとめ

Harvard Business Review Blog
http://blogs.hbr.org/

Business Week
http://www.businessweek.com/

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

おすすめ海外ドラマ

BONESやNumb3rsを薦めたんだけどもっといいのがあるのではないかとはてブのコメントにあったので、オススメ海外ドラマを追加。できる限り幅広いジャンルを薦めておきます。海外ドラマといえば24やプリズンブレイク、ロストなど続き物の止め時が見つからないものばっかりが認知度が高いのですが、以下の物はそれらに比べるとマイナー(と言いつつ世界的には超メジャーだが)なので、是非初めて名前を聞く人はネットでググってみてはいかがでしょうか?

●ザ・ホワイトハウス
海外ドラマはアクションや医療もの、刑事ものが多いんだが、このホワイトハウスは政治ものとして間違いなく一級の作品。一応英語の勉強という観点から行くと、アクションや医療・刑事ものはどうしても「使うことねーな」って言葉ばっかりになるんだけど、このザ・ホワイトハウスで使われる英語は政治・経済用語なので、それこそCNNを見るのに直接的に役立つ。それでもっておもしろいんだから教材としては秀逸。普通に娯楽としても秀逸ですが。





●Dr.HOUSE
海外ドラマではERなどでおなじみの医療ドラマですが、Dr.HOUSEはキャラクターが何より魅力的だ。優秀なのに型にはまっていない主人公ハウスが次第に仲間の信頼を得て、気付いたら患者の問題を解決しているというストーリーは見終えた後に気持ちいい気分にさせてもらえる。周囲のキャラも魅力的。寝る前にちょこっと見るのにピッタリな作品。ハウスみたいなキャラって日本人絶対好きだよなーって思う。組織にがんじがらめだからだからこそかもしれない。


   


●WITHOUT A TRACE
自分の周りでは知ってる人がほとんどいなかったので、マイナーな作品であるというイメージだが、中身は硬派で非常におもしろい。失踪を扱うFBIということで、その失踪の理由には重苦しい物もあるのだが、見ていると心がじーんとなるようなヒューマンドラマもあり。初めて名前を聞いたという人には是非見てもらいたいドラマ。なぜかAmazonで他の作品に比べて激安なのでオススメ.

   

●CSI
超有名な刑事ものドラマ。今から説明するのも憚られるが、現在シーズン8くらいまで続いているはず。途中でちょっとだれるので、最後まで見ていないけど初期から中期までのおもしろさは異常。ただ、見ている間に日本のドラマとのクオリティの差を感じてしまい若干萎えることも多々。そういうメタな視点を抜くことができれば間違いなくおもしろい。

   

●クローザー
こっちはできる限りアクションが少なく、犯人を自白で追い詰めていくというストーリーの刑事物。一方で、男女の差や人種の差を超えてチームがどのように一つになっていけるのか、という点も見所。FBI。CSI、市警といった微妙な力関係の違いもアメリカ社会の理解に参考になるかも、という感じ。

   

社会人のための本気の英語学習(1)はじめに
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-1.html
社会人のための本気の英語学習(2)リマインダーの使い方編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-2.html
社会人のための本気の英語学習(3)TOEIC 1回目の受験後編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-3.html
社会人のための本気の英語学習(4)発音・リスニング編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-4.html
社会人のための本気の英語学習(5)最後のTOEIC受験編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-5.html
社会人のための本気の英語学習(6)その後のライティング編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-6.html

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

社会人のための本気の英語学習(6)

社会人のための本気の英語学習(6)
その後のライティング編

TOEICさえ終わってしまえば、英語は受験勉強ではなくなり、ただ楽しみのための一つのスキルに変化する。一つの言語がある程度使えるようになった後のプログラミングを考えてほしい。使い方がわかると言語は未知数。その後の進め方も楽しみ方も人それぞれだ。

洋書を読むも良し、Podcastで英語を聞くも良し、海外に留学するために更なる学習を行うも良し、何でも好きなことをやればいいんのではないだろうか。ただTOEICのような試験型ではどうしても英語のアウトプット力が身につかない。本当は英語でブログを付けたり、Lang-8をやるのがいいんだけど、その一歩がまた大変だったりするわけだ。オレは最近見かけた本では以下の本が非常に有用だと思う。Web時代のライティングスキル向上本としてはピカイチだ。



また、TOEFLを受ける人や英語でのエッセイを簡単に書けるようになりたい人、アカデミックライティングが必要な人は以下の本がオススメである。洋書っていうのがいいだろ?もうこのレベルまでくれば、日本人が日本人のために教える英語教本じゃなくて、アメリカ人による英語教本で勉強した方がはるかに能率が高い。自然な英語を書くためには結局、生の英語の使い方を(完全に身につけるのは不可能ではあるが)身につける必要があるんじゃないかね。そういう意味において、この本は非常にお薦めであるし、オレも昔TOEFLライティングの勉強を最初に開始したときはこれで勉強した。



本当に自然な英語を使いこなす、という意味においてはオレもまだまだ勉強不足だ。更に情報が伝えられるよう、オレも今以上に英語に触れあうようにするよ。ここまで読んでくれてどうもありがとう。

社会人のための本気の英語学習(1)はじめに
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-1.html
社会人のための本気の英語学習(2)リマインダーの使い方編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-2.html
社会人のための本気の英語学習(3)TOEIC 1回目の受験後編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-3.html
社会人のための本気の英語学習(4)発音・リスニング編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-4.html
社会人のための本気の英語学習(5)最後のTOEIC受験編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-5.html
社会人のための本気の英語学習(6)その後のライティング編
http://busenglish.blog82.fc2.com/blog-entry-6.html

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

社会人英語学習者

Author:社会人英語学習者
忙しい中での英語学習法を一緒に考えます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。